お支払方法
送料無料
お配送方法

商品カテゴリー

各メーカー


各種培養液の作り方
⇒BIO BIZZ配合目安/水耕編
⇒BIO BIZZ配合目安/土耕編
⇒GHE Flora配合目安/水耕編
⇒GHE Flora配合目安/土耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/水耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/土耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/水耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/土耕編
⇒canna配合目安/水耕栽培編
液体肥料について
⇒液肥の選び方,有機/化成どっち?
⇒開花促進剤で生長をコントロール。
⇒アミノ酸肥料の効力!!
⇒発根促進剤の効力/検証してみた
炭酸ガスについて
⇒炭酸ガスと光合成について
培地について
⇒ロックウールの紹介
⇒スポンジの紹介
⇒ハイドロボールの紹介
pH値について
⇒PH値測器の使い方
⇒なぜPH値を測定するのか?
⇒培養液のPH値を適正に調整する
発芽・育苗について
⇒ヒータマットの使い方!!
⇒寒い時期の植物育成
水耕栽培キットについて
⇒水耕栽培システムの紹介
⇒酸素補給は水耕栽培に大事
⇒システムによって変える培地
⇒エアレーションシステム編
⇒ドリップシステム編
⇒エアロポニックシステム編
植物育成ライトについて
⇒LED,蛍光灯,MH/HPSの比較
⇒植物育成ライトの選び方
⇒グロウボックスと換気ファンの関係
⇒リフレクターの選び方
⇒植物栽培に適した、脱臭フィルター
水耕栽培について
⇒水耕栽培のながれ
⇒定植の仕方
⇒クローン栽培の方法


 
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

植物工場の研究資材の説明


植物工場の研究資材

当店をご覧いただき有難う御座います。
当店では植物工場に必要なLEDや液肥、CO2発生装置などを取り扱っております。 水耕栽培キットなどもDFT(循環システム)やエアロポニックシステム(噴射システム) も扱っており植物育成のメカニズムも観察する事が出来ます。

植物育成ライト


まずは、植物工場で何を育てるかによって選ぶLEDが変わっていきます。


ワット数や波長の違いで育成段階でも、色々な植物育成LEDやMH/HPS/などご用意させて頂いております。


■育苗用

レタスやトマトなど植物の育苗に最適な植物育成ライト

省エネ効果抜群のLEDライトで今はこのタイプが主流 多くの植物工場で蛍光灯タイプが使用されています。 多くの植物工場で蛍光灯タイプが使用されています。



■葉物野菜

レタスなどの葉菜類の生長期育成に適しているライト

植物の生長に欠かせない赤色チップの入ったLEDライト レタスはミズナなどの低身長の葉菜類栽培可能



■果菜類や根菜類

トマトなどの果菜類の苗〜収穫まで育成可能なLEDライト

ミニトマトなどの低身長の果菜類など1株程度 トマトなどの果菜類が1〜2株程度 トマトなどの果菜類が1〜3株程度 トマトなどの果菜類が1〜4株程度

トマトなどの果菜類の苗〜収穫まで育成可能なMH/HPSセット

トマトなどの果菜類が4〜5株程度 トマトなどの果菜類が4〜5株程度 トマトなどの果菜類が5〜6株程度



■洋蘭や観葉植物

洋蘭など光合成の要求が少ない植物に適しているLEDライト

生長期と開花期で切り替え可能なLEDライト 生長期と開花期で切り替え可能なLEDライト




植物工場の水耕栽培システム

植物工場で効率性や生長速度など水耕栽培システムが変わっていきます。

水耕栽培システムによってはタンクに液肥やPH調整剤を入れるだけで全体に行きわたる事が出来る効率性を考えたDFT(循環システム)や生長が早いエアロポニックシステム(噴射式)など様々なタイプのシステムがあり用途に合わせて選ぶことが出来ます。

サイズは家庭菜園程度のサイズですが、植物の生育のメカニズムの観察にお役にたてればと思います。



■DFT循環システム

植物工場の規模になった場合、液肥の取り換えなど一括管理できるシステム

水耕システム
果菜類用の定植パネル付き 果菜類用と葉菜類用の定植パネル付き 果菜類用と葉菜類用の定植パネル付き 葉菜類用の定植パネル付き



■エアロポニック-噴射式システム

霧状に噴射させ常に効率よく植物の根に酸素を送るシステム

水耕栽培キットのイメージ
果菜類と葉菜類のどちらでも栽培可能 挿し木【クローン栽培】専用キット 果菜類と葉菜類のどちらでも栽培可能




植物工場の土の代わりになる培地


土の代わりになる培地は葉菜類と果菜類ではプラント自体の重さが違うので支える為に使う培地も異なります。

あとはスポンジやロックウールなど有りますが、それも植物工場や栽培者によって変わります





■種植え用/葉菜類の培地

種植えはもちろん葉菜類は生長初期に入っても定植パネルにそのまま定植できます。

吸水性がないので低コストだけどコツが必要 吸水性、排水性が抜群の培地 吸水性が抜群 パーライト入りで吸水性が抜群



■定植用培地

果菜類など重さがある植物に最適!!

水耕栽培キットに定植も可能 水耕栽培キットに定植でき、そのまま土の様にも使用可 水耕栽培キットに定植可能 水耕栽培キットに定植でき、そのまま土の様にも使用可




植物工場で使う液体肥料



肥料は植物を育てる上で必要不可欠です。水耕栽培では水に溶ける液体肥料を使います。

栽培者によって有機栽培やスピード重視と目的によって使う肥料も異なります。

当店に置いてある液体肥料はどれも20年以上の実績を持ったブランドなので安心してご使用ください。




■液体肥料

スピード重視の化成肥料かオーガニック重視の有機肥料か

オーガニック100%の有機肥料、生長/開花期で配分量が変わる これ一本でOK、信頼と実績の大塚化学の化肥 知名度No1!!2液性だけど配分量が変わらないの化肥 生長/開花期で配分量が変わるオランダ産の化肥




植物工場で使う炭酸ガス


炭酸ガス(二酸化炭素)を植物に与えると光合成を促進させたり生長促進効果があります。

収穫までのスピードを上げたり、植物の質を上げたり収穫量を増やすには絶好のアイテムです。

炭酸ガス発生剤やCO2ボンベを使って安定的に植物に二酸化炭素を送る事が可能です。




■炭酸ガス装置

レギュレータやco2コントローラーを使って大量に植物に二酸化炭素を送る

電磁弁付きレギュレーター CO2コントローラー  Co2コントローラー リモートセンサー付 5アンペアまで対応可能



■炭酸ガス発生剤

低コストで効率的に植物に二酸化炭素を送る

農家も使っているアイテム 海外ではこちらが主流




植物工場で使う育苗箱


寒い時期などに発芽/育苗の際に湿度や温度を最適な状態にしてくれる育苗箱。

安定した育苗をこなすのであれば育苗箱は絶好のアイテムです。

冬場などは育苗箱とヒーターマットがあれば快適に育苗できます。




■育苗箱

固めのプラスチックで型崩れがなく温度もしっかり保ってくれる育苗箱

発芽/育苗保温器!!空気調整付きLサイズ 発芽/育苗保温器!!空気調整付きXLサイズ  裏20℃表30℃で切り替えれるリバーシブルヒーターマット