お支払方法
送料無料
お配送方法

商品カテゴリー

各メーカー


各種培養液の作り方
⇒BIO BIZZ配合目安/水耕編
⇒BIO BIZZ配合目安/土耕編
⇒GHE Flora配合目安/水耕編
⇒GHE Flora配合目安/土耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/水耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/土耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/水耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/土耕編
⇒canna配合目安/水耕栽培編
液体肥料について
⇒液肥の選び方,有機/化成どっち?
⇒開花促進剤で生長をコントロール。
⇒アミノ酸肥料の効力!!
⇒発根促進剤の効力/検証してみた
炭酸ガスについて
⇒炭酸ガスと光合成について
培地について
⇒ロックウールの紹介
⇒スポンジの紹介
⇒ハイドロボールの紹介
pH値について
⇒PH値測器の使い方
⇒なぜPH値を測定するのか?
⇒培養液のPH値を適正に調整する
発芽・育苗について
⇒ヒータマットの使い方!!
⇒寒い時期の植物育成
水耕栽培キットについて
⇒水耕栽培システムの紹介
⇒酸素補給は水耕栽培に大事
⇒システムによって変える培地
⇒エアレーションシステム編
⇒ドリップシステム編
⇒エアロポニックシステム編
植物育成ライトについて
⇒LED,蛍光灯,MH/HPSの比較
⇒植物育成ライトの選び方
⇒グロウボックスと換気ファンの関係
⇒リフレクターの選び方
⇒植物栽培に適した、脱臭フィルター
水耕栽培について
⇒水耕栽培のながれ
⇒定植の仕方
⇒クローン栽培の方法


 
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

本格的に水耕栽培−上級者編

当店begefru greenfarmは野菜栽培士と野菜ソムリエが運営しておりますので

家庭菜園/水耕栽培/土栽培の専門的知識を活かして、お客様の立場になって、

今お使いの水耕栽培キットや肥料のバージョン、レベルアップや栽培環境や季

節によっておススメの植物育成ライトや関連機器の提案や商品情報などをお伝

えし、よりよい栽培環境をお作り出来るように、お手伝いいたします。

また野菜栽培士の店長が野菜、花の栽培についてもご質問にもお答えさせて頂いております。

当店は土栽培はもちろんのこと水耕栽培に特化した商品を紹介しております。



各種、植物育成ライトのメリットとデメリット
発植物育成ライトの種類1
植物育成ライトの種類の画像2
植物育成ライトの種類の画像3

植物育成LEDライト

植物育成蛍光灯

植物育成ライトMH/HPS



植物育成ライトにはLED,電球タイプ、蛍光灯があり各種、色々な良い点、問題点があります。

例えば、LEDでは電気代金は少ないが照射範囲は狭い電球タイプは、照射範囲は広く光量もありますが、電気代がLEDに比べてかかってしまうなど。

お使いになる方や、栽培環境に合わせて植物育成ライトをお選びいただけます。


詳しい記事はこちら
LED,蛍光灯,MH/HPSの比較



電球タイプの植物育成ライトのセッティング
植物育成ライトの種類1
植物育成ライトの種類3
植物育成ライトのイメージ


電球タイプの植物育成ライトは多くの電力を使いますので、制御するために安定器(バラスト)を必ずつけないといけません。

電球のメーカーやW数によって相性がございます。


詳しい記事はこちら
寒い冬の家庭菜園 ライトで育てる植物
植物育成ライトの種類
植物育成ライト用リフレクターの選び方



グロウボックスと換気用具
グロウボックス
換気用具


グロウボックスは植物育成ライトの光を無駄なく植物に届ける役目や、室内ビニールハウスの役目として使います。

このグロウボックスに装着可能な換気用具は植物の匂いや花粉、ほこりを取り除き電球タイプのランプ熱を排出する役目もはたしてくれます。


詳しい記事はこちら
植物育成ライトとグロウボックスと換気用ファンの関係!!
植物栽培に適した、脱臭フィルター+換気ファンと空気清浄機の違い



今、主流になりつつある植物育成LED
植物育成LED
植物育成LED


植物育成LEDは省エネで電球の寿命も長く今注目されています。

電球熱のでないので、特に夏場では重宝されています。


詳しい記事はこちら
植物育成ライトをLEDに選ぶ理由!!


植物育成LEDで葉物野菜栽培
植物育成LED


葉物野菜などの光量をそれほど必要としないものはW数が低い植物育成LEDで通年栽培が可能です。


詳しい記事はこちら
植物工場としての第一歩…発芽してからLEDライトで照射
葉物野菜(サニーレタス、葉レタス)を水耕栽培キットに定植…植物工場に向けての一歩


水耕栽培キット-エアレイションシステム
エアレイションシステム
エアレイションシステム


水耕栽培でのポピュラーな水耕栽培システムでエアーポンプからエアーストーンを伝って液体肥料を溶かした水に酸素を送り植物の根を刺激します。

おススメの培地は、ロックウール、スポンジ、ハイドロボールです。


詳しい記事はこちら
水耕栽培装置の酸素補給方法の種類-エアレーションシステム編
エアレーションシステムの水耕栽培キット
室内植物育成ライトと水耕栽培(エアーレイションシステム)で育てる夏野菜


水耕栽培キット-ドリップシステム
ドリップシステムのイメージ


タンク部分から、くみ上げた培養液をホースを伝って上部の培地に培養液を落としていく水耕栽培システムです。

おススメの培地は排水性の高い、スポンジ、ハイドロボールです。


詳しい記事はこちら
水耕栽培装置の酸素補給方法の種類-ドリップシステム編


水耕栽培キット-エアロポニックシステム
水耕栽培キットのイメージ


下部のタンク内で水に溶かした液体肥料を霧状に酸素を抱き込み,植物の根に噴射するシステムで

この噴射によって植物の根が刺激され強く健康的に植物が生長します。

おススメの培地は排水性の良い、スポンジやハイドロボールです。


詳しい記事はこちら
水耕栽培キットの酸素補給方法の種類-エアロポニックシステム


水耕栽培キット-循環システム
水耕システム


ホームハイポニカでも採用されている水耕栽培システムで下部のタンクから上部の根が張っている所に水に溶かした液体肥料をくみ上げ水流をつくって栄養分を植物に届けます。

おススメの培地は排水性の高いスポンジ、ハイドロボールです。


詳しい記事はこちら
水耕栽培のシステム


自作の水耕栽培キット
自作の水耕栽培
自作の水耕栽培


自作で水耕栽培キットを作る事が可能です。

一番簡単でポピュラーなエアレイションシステムがおススメです。最低限エアポンプ/チューブ/エアーストーン/タンクがあれば出来ます。

 
詳しい記事はこちら
エアレーションシステムの水耕栽培キット
室内植物育成ライトと水耕栽培(エアーレイションシステム)で育てる夏野菜


水耕栽培の培地-ロックウール


土の代わりになるロックウールは保水性が高い培地です。

種蒔き用、定植用ブロック型、定植用キューブなど様々な形がございます。

おススメの水耕栽培方法はエアレイションです。


詳しい記事はこちら
培地に使うロックウールの紹介…土の代わりにロックウールを使う栽培!!


水耕栽培の培地-スポンジ


土の代わりになるスポンジは保水性と排水性のバランスがとれた培地です。

種蒔き用、、定植用キューブなど様々な形がございます。

おススメの水耕栽培方法はエアレーション、ドリップ、エアロポニック、循環システムです。


詳しい記事はこちら
培地に使うスポンジの紹介…土の代わりにスポンジを使う栽培!!


水耕栽培の培地-ハイドロボール
ハイドロボールのイメージ


土の代わりになるハイドロボールは排水性のバランスがとれた培地です。

代表的な使い方は観葉植物の定植で使われる事が多いハイドロボールは野菜栽培、花栽培の定植するために使いやすい培地です。

おススメの水耕栽培方法はエアレーション、ドリップ、エアロポニック、循環システムです。


詳しい記事はこちら
土の代わりにハイドロボールを使う栽培!!


水耕栽培の培地-培養土


土は一般的な土栽培でも点滴システムを使った水耕栽培でもおススメの培地です。


2液性の液体肥料


ハイポニカ
ハイポニカは水耕栽培、土栽培どちらでもお使いになれます。

育てる植物によって希釈率は変わりますが、生長段階で配合率は変わりませんので簡単に扱いやすい液体肥料です。


詳しい記事はこちら
ハイポニカ(液体肥料)について
ハイポニカとオーガニック液体肥料の生長比較


GHE Flora Duo
GHE FloraDuo Seriesは水耕栽培、土栽培のどちらでもお使いになれます。

水耕栽培と土栽培では配合の仕方が変わります。


詳しい記事はこちら
GHE Flora Duo-水耕栽培のレシピ
GHE Flora Duo-土耕栽培のレシピ


Bio Canna
Bio Cannaは土栽培専用の有機液体肥料です。

おススメの植物活性剤と合わせてお使いになればより良い培養液をお作りになれます。


詳しい記事はこちら
BIO CANNA-レシピ


CANNA AQUA
CANNA AQUAは水耕栽培専用の液体肥料です。

おススメの植物活性剤と合わせてお使いになればより良い培養液をお作りになれます。


詳しい記事はこちら
CANNA AQUAのレシピ



3液性の液体肥料


BIO BIZZ
BIO BIZZ Seriesは水耕栽培、土栽培どちらでもお使いになれる有機液体肥料です。

おススメの植物活性剤と合わせてお使いになればより良い培養液をお作りになれます。


詳しい記事はこちら
BIO BIZZ-水耕栽培のレシピ
BIO BIZZ-土耕栽培のレシピ


GHE Flora
GHE Flora Seriesは水耕栽培、土栽培

どちらでもお使いになれる液体肥料です。

相性の良いおススメの植物活性剤と合わせて作るとより良い培養液が出来ます。


詳しい記事はこちら
GHE Flora-水耕栽培のレシピ
GHE Flora-土耕栽培のレシピ


Dutch Formula
Dutch Formulaは水耕栽培、土栽培どちらでもお使いになれる液体肥料です。

相性の良いおススメの植物活性剤と合わせて作るとより良い培養液が出来ます。


詳しい記事はこちら
Dutch Formula-水耕栽培のレシピ
Dutch Formula-土耕栽培のレシピ


発根促進剤


植物由来の発根剤を使う事によって肥料焼けしやすい初期の苗の発根を促進します。

また、ベース肥料とあわせて使う事で健康的な根が増える事でしっかりした苗に育てることが出来ます。


詳しい記事はこちら
発芽してから発根促進剤の効果を実験してみた…



葉面散布の有効性


Fish MIXは葉面散布をする事で光合成を促進させて花咲がよくなったり、野菜の収穫量が上がるといった効果が見込まれます。

また、キャナブーストの破面散布は植物に甘みや風味を付けるのに効果的です。


詳しい記事はこちら
アミノ酸が主成分の液体肥料の効果と開花反応
アミノ酸肥料を葉面散布していく夏野菜
アミノ酸肥料を葉面散布したイチゴの生長結果は??


枯死した根を復活させる


植物由来で酸素系活力剤のCANNAZYMは枯死した根を分解し有用微生物を活性化させ、さらには病原菌への抵抗力を高めます。


詳しい記事はこちら
根の枯死はあるものを使うと再生が可能に!?


肥料抜き剤


これらの肥料抜き剤を収穫の2週間〜1週間前から使う事によって植物内や水耕栽培キット、土内に蓄積した肥料分や塩分を排除してくれて肥料臭さを取り野菜本来の味にしてくれます。


詳しい記事はこちら
植物栽培の収穫前には肥料抜き剤を使いましょう。
収穫寸前に肥料抜き剤で旨みアップ方法
肥料抜き剤で、収穫準備の唐辛子!!


尻腐れ病


トマトをはじめとして実付きの野菜では尻枯れ病になることがよくあります。

原因は色々ありますが、『カルシウム不足』が代表的な原因です。

このGH CaliMagicを使う事でカルシウム不足は解消できます。

土栽培、水耕栽培どちらでもお使いになれます。


詳しい記事はこちら
ある生産者さんからトマトの尻腐れ病についての問い合わせ


害虫駆除とウドンコ病
害虫駆除の画像2


トマトやイチゴなどはウドンコ病にかかりやすい代表的な野菜ですが、このオーガニックストレングナーのBIOBIZZ LEAF・COATを使う事によって

抗菌作用が効いてウドンコ病を治せます。

また害虫駆除にも効果があり、最適な一本です。


詳しい記事はこちら
イチゴの害虫駆除をオーガニックストレングナーでやってみる
イチゴのウドンコ病治療法と収穫
イチゴがウドンコ病になった時の対処法


pH値
pH値


植物栽培には各種それぞれ栽培適正pH値があります。

適正pHを調節する事で、植物に栄養分の吸収率が上がり生長速度が上がります。


詳しい記事はこちら
野菜栽培に欠かせないpH計測器
水耕栽培キットで使用する液体肥料の適正なPH値を測定する!!
水耕栽培キットで植物に合わせて培養液のPH値を適正に調整する方法
液体肥料を水に溶かした培養液をpH計測



二酸化炭素で生長スピードアップ



二酸化炭酸ガスを吸収する事で野菜、花、果樹類の味に旨みをつけ、さらには炭酸同化作用を促進し花芽形成、着果等を大きくさせます。

収穫後も日持ちが良く、色ツヤや肥大に大きな効果があります。


詳しい記事はこちら
炭酸ガス発生剤(二酸化炭素)は果実を大きくして甘味を与える!!
植物育成で二酸化炭素の重要性と発生装置の紹介



クローン、挿し木


クローンや挿し木処理は種から花や野菜の開花前の苗の枝を剪定し苗を増やしていく方法です。

種から小さい苗までの生長時間を短縮できるので有効な処理作業です。


詳しい記事はこちら
枯れかけたプランター栽培からクローンで水耕栽培に転換