お支払方法
送料無料
お配送方法

商品カテゴリー

各メーカー


各種培養液の作り方
⇒BIO BIZZ配合目安/水耕編
⇒BIO BIZZ配合目安/土耕編
⇒GHE Flora配合目安/水耕編
⇒GHE Flora配合目安/土耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/水耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/土耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/水耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/土耕編
⇒canna配合目安/水耕栽培編
液体肥料について
⇒液肥の選び方,有機/化成どっち?
⇒開花促進剤で生長をコントロール。
⇒アミノ酸肥料の効力!!
⇒発根促進剤の効力/検証してみた
炭酸ガスについて
⇒炭酸ガスと光合成について
培地について
⇒ロックウールの紹介
⇒スポンジの紹介
⇒ハイドロボールの紹介
pH値について
⇒PH値測器の使い方
⇒なぜPH値を測定するのか?
⇒培養液のPH値を適正に調整する
発芽・育苗について
⇒ヒータマットの使い方!!
⇒寒い時期の植物育成
水耕栽培キットについて
⇒水耕栽培システムの紹介
⇒酸素補給は水耕栽培に大事
⇒システムによって変える培地
⇒エアレーションシステム編
⇒ドリップシステム編
⇒エアロポニックシステム編
植物育成ライトについて
⇒LED,蛍光灯,MH/HPSの比較
⇒植物育成ライトの選び方
⇒グロウボックスと換気ファンの関係
⇒リフレクターの選び方
⇒植物栽培に適した、脱臭フィルター
水耕栽培について
⇒水耕栽培のながれ
⇒定植の仕方
⇒クローン栽培の方法


 
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

初心者でも始められる水耕栽培

当店べジフルグリーンファームは野菜栽培士と野菜ソムリエが運営しておりますので家庭菜園、水耕栽培、土栽培の専門的知識を活かしてお客様の立場になって、商品説明や、栽培についてのご質問にもお答えさせて頂いております。

当店は土栽培はもちろんのこと水耕栽培に特化した商品を紹介しております。


水耕栽培についてご紹介

土栽培は何となく、分かっていらっしゃる方も水耕栽培って?と思っている方も多くいらっしゃると思いますが、水耕栽培は決して難しものではございません。

水耕栽培の特徴としては土を使わず水で育てるという事です。

もちろん野外でも水耕栽培は出来ますが畑がなくても日当たりの良いベランダがなくても室内でキッチン横の省スペースで簡単に手軽に野菜や花を育てる事が出来ます。



土栽培では重い土作りから始まって連作障害の心配や虫や害虫被害の対策しないと、いけませんが室内水耕栽培だと心配、対策は最小限ですんでしまいます。

室内で育てた場合は害虫被害が軽減出来ますので農薬を使わなくても安心な野菜を収穫し、そのままキッチンへ…こんな楽しみ方を出来ます。

水耕栽培の最大の魅力は生長速度が土栽培の1.5倍〜2倍の速さで生長します。

また収穫量も土栽培に比べて約3倍に増えたといったデータもあります。


水耕栽培を始める

ペットボトル水耕栽培

ペットボトル水耕栽培の画像


1L〜2Lのペットボトルを水耕栽培器に見立てて簡単に水耕栽培を始められます。

詳しい記事はこちら⇒ペットボトルで野菜を簡単に作る。



簡易水耕栽培

簡易水耕栽培の画像1
簡易水耕栽培の画像2


水切りボックスを水耕栽培器に見立てて土の代わりにハイドロボールを使って水耕栽培

詳しい記事はこちら⇒ハイポニカで簡単水耕栽培



ブロックタイプのロックウールで水耕栽培

簡易水耕栽培の画像1


ブロックタイプのロックウールを土に見立てて簡単に水耕栽培

詳しい記事はこちら⇒培地の違いや肥料の与え方で生長がどの程度変わるか検証



水耕栽培の種植え方法

水耕栽培の種植え方法の画像1
水耕栽培の種植え方法の画像2
水耕栽培の種植え方法の画像3
水耕栽培の種植え方法の画像4


清潔なロックウールやスポンジに種植をしていきます。

そのまま水耕栽培も出来ますし、土の定植して土栽培でも使えます。

詳しい記事はこちら⇒ロックウールを使用した種植え/発芽を紹介!!



水耕栽培に使う肥料

水耕栽培に使う肥料の画像1
水耕栽培に使う肥料の画像2


水耕栽培でも土栽培でも、どちらでも使用できる有機液体肥料、化学液体肥料を取り揃えております。

カテゴリーはこちら⇒肥料のカテゴリー



発芽、育苗には

発芽、育苗の画像1
発芽、育苗の画像2


温度の低い冬や春先などの発芽適正温度に満たない時には発芽、育苗器やヒーターマットで温度を上げて発芽させて一年中、季節を問わず植物栽培を楽しめます。

詳しい記事はこちら⇒発芽・育苗で育苗箱とヒータマットの最適な使い方!!



植物育成ライトの種類

発植物育成ライトの種類1
植物育成ライトの種類の画像2
植物育成ライトの種類の画像3

植物育成LEDライト

植物育成蛍光灯

植物育成ライトMH/HPS



室内栽培や補助光には植物育成ライトには、電球タイプ、LED、蛍光灯がございます。

各種にはメリット、デメリットがございます。

詳しい記事はこちら⇒植物育成ライト(LED、蛍光灯、MH、HPS)の照射範囲と光量の比較



害虫駆除

害虫駆除の画像1
害虫駆除の画像2


屋外の栽培や室内の栽培でも少なからず害虫問題はあります。

そんな時に使える商品や豆知識がございます。

詳しい記事はこちら⇒害虫駆除にオーガニックストレングナーを使った結果